人気ブログランキング |

友部deスマイルZ

tomobedez.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

秋深まる

11月12日13日、作業を行いました。

私が所用で参加できなかったので、参加者の報告を元に。

秋が深まって参りました。
紅葉3連発です。
b0310922_13583007.jpg












b0310922_13592066.jpg












b0310922_13594575.jpg
















秋ですね。

トラクターなど機械類を修理に出しました。
トラクターは10年近く前、田んぼを始めた直後に中古購入して以来、
ほとんど見てもらうこともなかったので、
チェックいただき、予算の範囲で手入れをしていただきます。

畑では、冬支度です。
b0310922_14010814.jpg
夏野菜のトマト、ピーマンは
最後の収穫をし、すっかり片づけました。
(ナスも片づけ)








b0310922_14020555.jpg
片づけた後には、
御礼肥えとして
ぼかし肥えを蒔き、
耕運機で耕しておきました。

春まで、しばしお休みです。






b0310922_14031202.jpg
そして前回半分掘り残しておいた
さつまいもも全て掘り出しました。










b0310922_14034425.jpg
収穫はこんな感じでした。











b0310922_14041748.jpg
夏、秋野菜が終わって
いよいよ次は冬野菜。

大根、白い部分が見えてきました。








b0310922_14045513.jpg
白菜もかなり大きくなってきました。

どちらも、12月には食べごろを迎えるでしょう。









ということで簡単ですが今回の作業でした。

次回は年内最終回を12月17日18日に行います。
恒例のクリスマスパーティーと餅つきがメインです。
大根や白菜もたくさんお持ち帰り頂けると思います。
どうぞご参加ください。


by tomobedesmilez | 2016-11-17 14:07 | Comments(0)

藁が売れました

10/29,30、作業を行いました。

b0310922_14015062.jpg新米を取り終えてから、
初の作業です。

右に見える赤いトラクターで
1回目の荒起こし。













b0310922_14024997.jpg
H部長の華麗な運転により
2時間ほどで完了。















b0310922_14033211.jpg
その荒起こし作業の裏で、
我々は今年で来た
ワラを束ねる作業。
これまで、畑などに使うのもほんの一部で、
持て余して燃やすか捨てるかしかなかった
ワラですが、
買っていただけるところがあることを
近所の方から伺いまして、
引き渡すために、
さらに大きな束を作ります。







b0310922_14052825.jpg
2つの束をそろえ、
その上に、
縛った部分を上下逆にして2つの束を置き、
さらにその上に、また上下逆にした束を2つ置き
・・・を繰り返し、2束×5段=10束の塊を
作ります。











b0310922_14074745.jpgその塊の真ん中を、
オダ立てに使ったビニールひもで
縛ります。















b0310922_14084035.jpgこの塊をひたすら作りました。
今回はとりあえず、
トラック1台分の目安、150セット作りました。
2,3人で2時間ちょっとでできました。
稲刈り機などで縛られた1束のワラ束が
1500束、ということですね。

(まだ少し余っていたので、
あと20~30セットは作れたかもしれません。)









夕方、このワラを引き取って頂ける方が
1時間かけて筑波のあたりからいらっしゃいました。
夫婦お二人で、5トンくらいのトラック1台。

我々が作ったワラ束(決して軽くはない)を
男性がトラックの荷台にポイポイと(しかし正確に)投げ、
それを女性の方が、これまた早く正確に綺麗に並べていき、
ものの10分ほどで150セットが整然とトラックに乗りました。
(作業が早く美しすぎて、写真撮るの忘れました・・・。)

思ったよりもいい値段で引き取って頂きました。
(泥がついてたりしたので、決して質の良いワラでは
なかったようですが、それでも、へー、こんなに、
という額でした、我々的には)
1時間かけて取りに来たくらいで、ワラが需要に対して
供給が少ないようです。
(冬になると、松の木などに菰(こも。ワラでできた風呂敷みたいなもの)が
巻かれているのを見かけますよね?ああいうものに
使われるようです。)

ま、今まで捨てていたものが役立つことになったので、
我々としては万々歳です。来年からも
お渡ししていきたいと思います。

ということで、田んぼ作業はこれで完了。
b0310922_14180758.jpg
そして、田んぼ脇に植えてあった
黒豆の枝豆も収穫しました。

汗水たらし、
蚊にたかられながら、
必死になって育てた結果は、











b0310922_14192388.jpg
一晩で食べちゃう量でした・・・。

いや、普通の枝豆より美味しいんですけどね、
コクがあって。
ただ、残念ながら量は取れません。












その日の夜は、田んぼ師匠のTさんを囲んで
恒例の反省会でした。鍋を囲んで。


翌日は畑へ。(鍋の具材は前日のうちに収穫しましたが)
b0310922_14204200.jpgこちら、枯れかけのゴーヤ。
かろうじて食べられそうなものだけ
収穫し、蔓は片づけました。















b0310922_14223952.jpg
真ん中あたりに
ピョコンと出ているのが
ほうれん草です。

それが2列ずらっと並んでいる
はずだったんですけどね、
発芽したのは、写真で確認できないくらい
小さいのを含めても5本くらい。

まあ、古い種だったので・・・。







b0310922_14235515.jpg
これは前回植えた
スナックエンドウ。
順調に伸びてます。

S家で目出ししたエンドウも
追加で植えておきました。











b0310922_14255731.jpg
こちらはショウガ。
相変わらず量は取れないものの、
うまくいったところは、
しっかり株別れして
大量の塊がついていました。

まずまず、成功した方でしょう。










b0310922_14264789.jpg
春菊は順調に成長中で、
また間引き。
(種播き過ぎ・・・)














b0310922_14274744.jpg
大根順調。
















b0310922_14281022.jpg
白菜も順調。
















b0310922_14283409.jpg
ニンニクも順調。
ほぼ全て芽が出ました。
来夏が楽しみです。














b0310922_14292581.jpg
こちらトマト。
もちろん終わりかけですが、
まだ何とか取れます。














b0310922_14302711.jpg
ナスも終わりかけですが、
まだ取れてます。















b0310922_14305674.jpg
ピーマンだけは、
真夏と変わらないくらい
まだ取れてます。














b0310922_14300239.jpg
こちらサツマイモ。
そろそろいい時期なので、
半分掘ってみました。














b0310922_14315379.jpg
じゃーん。蛇?
















b0310922_14324786.jpg
半分掘り出して、
ネコ一杯取れました。
もう半分は次回掘ります。














b0310922_14333412.jpg
こちらが今回唯一の植え付け、
玉ねぎです。
よーく見ると
ひょろっとした苗が見える、かと。













畑仕事は以上で終了。

そして、大事な冬支度をもう1つ。
b0310922_14390618.jpg
木にかぶって見えにくいのですが、
屋根にのぼって
煙突掃除です。

何のため?もちろん、
サンタさんのためです。

いえいえ、それだけではなくて、
たまった煤(すす)を取り除くためです。








b0310922_14411778.jpg
これが掃除して出てきた煤です。

薪ストーブを燃やした際、
煙が抜ける煙突も結構な高温になります。
こうした煤がたまったままストーブを使うと、
この煤まで燃えてしまって
屋根から火を噴いてしまい、
下手すると火事に、
という危険があるのです。

年1度、夏の間にたまった埃も含めて
このタイミングで掃除しておいて
使い始めるのが、まあ、
安全に薪ストーブを使うためのマナーというところです。



今回の作業はこれで終了。

次回は11月12日13日、
機械の修理出し
(スターターが切れた稲刈り機と、
しばらくメンテナンスしていないトラクターなど)、
芋掘り、夏野菜片づけ、などです。
作業量は少な目なので、のんびりじっくり楽しめます。
お芋掘りもあるので、子どもたちも是非。

そのあとは暫く空いて、
12月17日18日が恒例の年末行事、
クリスマス会&餅つき大会の予定です。

ではまた。

by tomobedesmilez | 2016-11-03 14:51 | Comments(0)