人気ブログランキング |

友部deスマイルZ

tomobedez.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

悪天候など乗り越えて、新米ゲット!

10月8日~10日の3連休、作業を行いました。

今回は、前回稲刈りしてオダに干した稲の脱穀がメインです。

・・・が、

b0310922_14182398.jpg1本のオダが崩落・・・。

足元が緩かったせいでしょうか、
はたまた、杭の打ち込みが足りなかったか。














b0310922_14195768.jpg
倒れたのも昨日やおとといではなく、
もっと早い段階だったようで、
雨に打たれた稲から芽が出始めており、
そこはかとなく、
腐ったような臭いが漂っておりました・・・。
無念。











b0310922_14213722.jpg
が、その他のオダは元気に立っており、
稲もすっかり茶色く枯れ果て、
あとは脱穀するのみ!


だったんですけど・・・













b0310922_14224285.jpg
この日は午後から雨予報で、
雨の中脱穀しても
籾も藁も濡れて質が落ちてしまうため、
正直、避けたいところ。

ということで、近くの、
使われなくなった牛小屋跡に
稲をえっちらおっちら運ぶ羽目に・・・。









b0310922_14252644.jpg
途中から軽トラも到着して、
スピードアップ。















b0310922_14255754.jpg
2時間かけて、
なんとか雨が本降りになる前に、
干していた稲をすべて
運び込みました。













b0310922_14263821.jpg
運び終わった後はこんな感じ。
(これでも半分)















b0310922_14272763.jpg昼ごはんを食べ、
さあ脱穀やるべ、と牛小屋跡に向かうと
猛烈な雨。

・・・運んでおいてよかった・・・。

(まあ、この強い雨は結局
1時間もたたずにごく弱い雨に
変わったのですが)









b0310922_14291799.jpg
牛小屋跡で脱穀スタート。
粉塵が舞うので、
みんなマスクしてます。














b0310922_14300318.jpg
子供たちも
藁運びを手伝います。















b0310922_14304192.jpg
順調に籾が取り外され、
袋にたまっていきます。















・・・が、(何度目の「が、」だ?)
脱穀機が途中でストップ。
何度スタートしなおしても、エンジンの回転数が上がらなくなり、
やむなく脱穀期の持ち主で田んぼ師匠の
Tさんに応援を頼んだところ、
脱穀機から燃料が漏れていることが発覚
(パッキンの老朽化か?)。
応急処置し、オイル漏れが少ないうちに
作業を終えてしまうことに。

b0310922_14330468.jpg
なんとか夕方までに
袋詰めが完了。

これを軽トラックに積んで
T師匠のお家へ。












b0310922_14335336.jpg収穫した籾を乾燥機に投入。

















b0310922_14342809.jpg
我々の持ち込んだお米の
水分量平均は、ご覧のとおり
16.9%。

15%位が理想だそうですので、
もうちょっと乾燥が必要です。

3週間干してこの数値というのは、
悪天候続きだった証でしょう。

残りの乾燥はこの乾燥機に
お任せすることにします。





ということで、1日目なんとか終了。

b0310922_14361306.jpg2日目、米の乾燥が終わるのは午後以降ということで、
午前中はオダの片づけ。

・・・また雨・・・。














b0310922_14371501.jpg
子供たちも頑張ってくれて、
2時間ほどですっかり片付きました。















b0310922_14375196.jpg
片づけを頑張った
男どもでパチリ。















昼食前に畑へ。
ここ数週間天気が悪かったので、冬野菜の生育がちと心配でしたが・・・。

b0310922_14384003.jpg
こちら春菊。
まだ小さいものの順調。
ただ、種まきすぎ。

かなり間引きをしました。












b0310922_14402405.jpg
こちら白菜。
虫に多少食われつつも、
とりあえず大きくはなっておりました。

そして左右のマルチから芽を出しているのが
大根です。こちらもまあOKな感じ。












b0310922_14411560.jpg
トマト。雨が多かったので期待していなかったですが、
割といっぱい取れました。
8月9月よりも良かったくらい。














b0310922_14423169.jpg
ピーマンは何も言うことなし。
カゴいっぱい収穫。















b0310922_14430446.jpgナスはこれは収穫後。
ちゃんと10本くらいは取れました。
















b0310922_14433562.jpg
こんな感じ。
ゴーヤはこれで最後で、
片づけました。














b0310922_14441308.jpg
枝豆はようやく
しっかりとした実を付けました。
すべて収穫しました。














b0310922_14450652.jpg
これはニンニク。
多少緑の芽が出てます。

まあ、こちらは焦らず見守ります。













b0310922_14460636.jpg
ゴーヤを片づけたあとには、
スナックエンドウの種
(青色の3粒)を植えました。














ってな感じで畑仕事も完了し、
ようやく待ち焦がれた新米とのご対面です。


b0310922_14472663.jpg
乾燥を終え、
米袋に収まっていく新米たちです!















b0310922_14481265.jpg
ただ、やったやったと
もろ手を挙げて喜ぶわけにもいかない懸念が。

右側が新米が吐き出されるところで、
左下に2つある袋には、
未成熟だったりして
そのまま食べるのには適さない
いわゆる「くず米」が入っていきます。

例年だと1袋くらいなのですが、
これが今年は2袋にもなりました。

イノシシに踏まれたり、悪天候で倒れたりした
稲のお米などが、こちらに入っている模様。



b0310922_14505700.jpg
で、収穫できたのが結局

30kg×18袋、+約20kgということで、
560kg前後でした。

昨年が620kgでしたので、
約60kg、1割のマイナスです。










b0310922_14520057.jpg

ま、なにはともあれ、
皆で新米をいただくため、
一部を精米しました。













b0310922_14525953.jpg
精米したお米を持ち帰るころには夕暮れ、
ようやく夕焼けがみられる良い天気に。

・・・今年の稲刈り、脱穀は
天気に泣かされました・・・。












b0310922_14534909.jpg
艱難辛苦を乗り越え手に入れた新米を、
お刺身、秋刀魚塩焼き、
しじみ味噌汁等々、
ご飯にあうおかずをたっぷり用意して、
頂きました。

「うまい・・・。」

と言ってる間に、一升があっという間に
各自お腹の中へ。







ということで、何とか今年も新米にありつけました。

また、560kgは、お世話になった皆様にも新米をお届けするのに
ちょうどギリギリ足りる量でして、
ご協力いただいた皆様にお送りさせていただきました。
ありがとうございました。

一大イベントが完了しまして、
次回は10月29日30日。
藁の整理(買っていただくため)、
冬野菜の間引き、さつまいも掘り、
玉ねぎ植え付け等の畑仕事、
そして、田んぼ師匠のTさんとの反省会(食事会)
などを予定しております。

子供に芋ほりさせたい方、
師匠のお話が聞きたい方など、
奮ってご参加ください。

その後が11月12日13日、そして年末恒例の
クリスマス会・餅つき大会は
今のところ12月17日18日で考えております。
どうぞご予定ください。

それでは、また。




































by tomobedesmilez | 2016-10-15 15:02 | Comments(0)