人気ブログランキング |

友部deスマイルZ

tomobedez.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

田植え準備第2弾

4月25日26日、先週に引き続いて作業を行いました。

b0310922_05380190.jpgH部長による、最後の荒起こし。
ちゃっちゃと進みます。
1週間天気が良かったので、
田んぼの土もかなり乾いていました。














b0310922_05392166.jpg
そして、川の水を田んぼに入れます。
川をここでせき止めて、水かさを上げ、
地面と平行な高さにして水を引き入れます。















b0310922_05402849.jpgが、板が経年劣化で朽ちて、隙間がかなり空いており
水漏れが結構しています。パイプからも垂れてますね。
















b0310922_05424801.jpgまた、左右の隙間も結構開いてしまっており、
ビニール袋などで応急処置したものの、
結構な水漏れが発生しており、結果、
パイプから水路に入る水の量が、ちょろちょろ・・・。
これでは、いつまで経っても田んぼに水が溜まりそうにありません・・・。












b0310922_05444241.jpgということで、慌ててホームセンターに走り、
新しい板を購入、隙間もビニール袋でできるだけ埋めたところ
かなり水漏れはなくなり・・・

















b0310922_05462648.jpgがっつり水が入るようになりました!
やれやれ。
やっぱり一筋縄にはいきません。
















b0310922_05480026.jpgなんとか夕暮れまでに田んぼに水が入り始めたので、
水が溜まるのを一晩待ちます。

ただ、例年モグラ穴とか、畔の崩落とかで
水が抜けてしまって、
なかなかすぐには水が溜まらないことが多いのです。

まあ、あまり期待せず翌朝を迎えたところ・・・










b0310922_05505282.jpg
あれ、溜まってる!

















b0310922_06054748.jpg一番最後に水が溜まる、一番大きな田んぼにも
これだけ水が入っており、
過去の経験上、一番うまく行ったと思います。















b0310922_06063920.jpgとはいえ、全てか完璧だったわけではなく、
やっぱり多少の穴は空いていたり、
畔が低いところから水が溢れていたりしたので、
補修は行いました。
(ここは、下に穴があって水が漏れていました)













b0310922_06075446.jpg水流を見つつ、
怪しいところに手を突っ込んで穴を探し、
見つけたら土や波板で補修。
今は大丈夫でも、
水が必要な6月頃に崩壊、
なんてことにならないように、
細かいチェックが必要です。


とりあえず、これで来週の代かきができそうです。








b0310922_06112273.jpgその代かきをするために、
トラクターにハローという機械を取り付けました。

これが毎年やっているのに、必ず付け方を忘れ、
今年も大人4人で1時間かかりました・・・。













b0310922_06125135.jpg畑に移動。
ジャガイモが先週とはうって変って、
ほとんど芽が出ていました。
晴天で気温も上がったので、
一気に来ましたね。













b0310922_06140255.jpg今週は、先週用意しておいた畝に
大豆(枝豆)の種を蒔きました。

雑草が多いエリアなので、
まず、雑草対策の黒マルチを敷きます。













b0310922_06192880.jpg
そして、種を投入。
















b0310922_06200022.jpg
そして、ひどく乾燥していたので、水を蒔きました。
大豆は乾燥に強く、逆に水に浸かると腐ってしまうのですが、
何せカラカラでしたので、発芽を促すため蒔きました。














b0310922_06212033.jpgそして最後に、
鳥に大豆を食べられないよう(結構ついばまれてしまうのです)
ネットを被せました。

天気がいいので、大豆の発芽にはもってこいな
はずなのですが、さて、1週間後芽が出ているかどうか。












b0310922_06231019.jpgということで、今回の作業は終了。

暑い夏をほうふつさせる
動くと汗ばむ陽気でした。














次回はGW。
恐らく5月3日4日あたりで、
田んぼは代かき、
畑は夏野菜の一斉植え付け(トマト、ピーマン、生姜、ゴーヤ、レタス等)の予定です。

by tomobedesmilez | 2015-04-29 06:29 | Comments(0)

田植えへの序章

4月18日19日、約1か月ぶりの作業を行いました。

田んぼはH部長がお休みのため、細かい作業を中心に。

b0310922_22081794.jpgこれは田んぼと田んぼをつなぐ(水を通す)パイプの新品です。
トラクター等に踏み荒らされて古いパイプが破損したため、
新しいパイプを設置しました。















b0310922_22105857.jpgただパイプを設置するだけなら簡単なのですが、
その周辺に隙間があると
その隙間から水が漏れてしまうため、
マルチ用のシートで周辺を覆い、
きっちりパイプだけから水が流れるようにします。














b0310922_22134664.jpgとりあえず完成。(向こう側はマルチで覆ってあります。)
後はこれで水を入れてみて、水漏れがなければOK。

















b0310922_22152910.jpgそれから、水路の掃除。
この写真の奥に川があり、そこから水を引いて、50mくらい水路を経由して田んぼに
水がはいるのですが、その水路が半年ほったらかしで
草やら泥やらが溜まっていたので、綺麗にしました。














b0310922_22173918.jpgそしてこちらは、田んぼの土手そばを綺麗にする作業。
トラクターでは掘り起こせない土手のそば
(土手ごと壊しかねないので、隅っこはできないのです)は
人力で荒起こしです。

土手はどうやっても徐々に崩れていく(田んぼとの境目が
なだらかになっていく)ものなので、
掘って角度をしっかりつけ直す、という意味合いもあります。

結構な重労働で、腕がプルプルしてきます。
(田んぼの土は重いのです)







b0310922_22224805.jpg掘ってたらなんと、まだ冬眠していた?カエルの親子?(つがい?)を
掘り起こしてしまいました。(カエルの上に小さいカエルが
のっかっているのが分かります?)

来週には水が入るから、そろそろ起きろ~。













b0310922_22252849.jpg
あと、トラクターが入りづらい小さ目の田んぼは
普段は畑で使う耕運機で荒起こししました。
















b0310922_22265634.jpgこの耕運機が意外と小回りが利いて、
先ほど人間がスコップでやっていた
田んぼの土手そばの荒起こしも結構できることを発見。
来年からはトラクターとセットで使いたいと思います。














b0310922_22283996.jpg来週、大きなところをトラクターで最後の荒起こしをし、
そして水を入れます。いよいよです。

















b0310922_22300429.jpg続いて畑に向かうと、地面に人の顔・・・?
いや、目玉の位置にあるのは・・・。


















b0310922_22310903.jpgはい、タケノコでした。


















b0310922_22324694.jpg

地下ではこんな感じで根っこと繋がっておりました。
かたーい木のような根っこから、
こんな柔らかいものがにょきっと生えてくるのが
不思議です。












b0310922_22345200.jpg
この場所で2本と、別の場所でもう少し大きいもの1本、
計3本収穫しました。















b0310922_22361115.jpg晩御飯では、茹でたタケノコ(左上)、
今が旬の春キャベツの炒め物、サラダ(キャベツは作ってません、買いました)
等等、春らしいものをたらふく頂きました。














b0310922_22374660.jpg翌日は畑仕事です。
こちら、あっという間に大きくなったルバーブ。
綺麗な花が咲いていますが、花が咲いてそのままにすると
株に負担がかかる(栄養が花に取られて、茎に栄養が届かない)ため、
花は摘み取ります。













b0310922_22411595.jpg同じことがネギにも当てはまるので、
ネギ坊主は摘み取ります。
まあ、まさに春らしい作業だなーという感じです。
















b0310922_22431951.jpg
これは1か月前に種を蒔いたサニーレタスのポットですが、
まだちょっとしか芽が出ていません。
今年の4月は寒いし雨は多いしで、
生育が遅れております。
地面に植え替えるのは、来週か、その次か・・・。













b0310922_22455171.jpg
そして同じことがジャガイモにも当てはまります。
一応、一部芽は出ていますが、まだまだこれからです。















b0310922_22481973.jpg
同じく、1か月前に種を蒔いた
つるなしいんげんも、やっと芽が出たところ。
















b0310922_22470164.jpg
これは空豆です。
こちらは、秋に苗を植えていたもので、
丈は低いながらも花は咲き始め、
実がなるのを待つばかりです。














b0310922_22495345.jpg
ということで、収穫物は特になく(4月は端境期)、
夏野菜の準備が今日の作業のメイン。
半年手つかずだった場所の草を退け、
耕運機で耕し、ぼかし肥えを加えます。














b0310922_22520064.jpg
畝もびしっと作りまして、
来週ここに大豆(枝豆用)を蒔きます。
生ビール大会のビールのお供になる、かな・・・。















b0310922_22533126.jpg
最後に草刈り機で草を払って終了。
汗をかいたり、草刈り機の音を聞いたりすると、
「ああ、いよいよ作業の季節だ」という感じがしました。
(こちらはピンボケで分かりにくいですが
ブルーベリーの花です。)












来週4月25日26日は、田んぼでは最後の荒起こし&水入れ。いよいよ田植えが始まります。
畑は大豆(枝豆)種蒔き、サニーレタスの植え替えなど予定しております。
この週末もギリギリ天気には恵まれたので、来週も春らしい晴天を期待したいと思います。


by tomobedesmilez | 2015-04-20 23:00 | Comments(0)