人気ブログランキング |

友部deスマイルZ

tomobedez.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

新米できました!(脱穀パート1&稲刈りパート2)

9月27日(土)28日(日)、脱穀パート1&稲刈りパート2を行いました。

この2週間1日を除いて雨も降らず天気も安定、
幸い台風も逸れ、土日も大変良い天気でした。

前日夜から友部に入り、5時半起きして田んぼに向かいました。
空にはイワシ雲、秋の空です。
b0310922_16545018.jpg

2週間前に干した稲は、倒れることなく、いい感じで乾燥しておりました。
b0310922_16551430.jpg


少しだけ稲刈りパート2をやって、朝食後、脱穀を始めました。

脱穀で活躍する機械はこちら。
b0310922_16552949.jpg

ハーベスタ(脱穀機)です。

b0310922_16555883.jpg

稲を手前のベルトに引っ掛けると、稲が左から右に流れていき、
その間、機械の中の突起のついた高速回転ドラムが
籾の部分を引きはがしていきます。
(上の写真、ちょうど、稲がベルトを伝わり、
籾が機械の中で飛ばされているところです)
そして、風の力で藁屑などのゴミを吹き飛ばし、
籾が手前の袋に戻ってくるという仕組みです。

粉じんがスゴイので、マスク必須。
b0310922_16581269.jpg

オダから稲を外し、じゃんじゃん機械にかけていきます。
b0310922_16583871.jpg


天気がいいので、順調順調。
b0310922_16585881.jpg

途中、田植えを手伝ってくれたご家族も到着し、
子供たちには落ち穂拾い(脱穀機で獲りきれなかった籾探し)を
手伝ってもらいました。
b0310922_16591489.jpg

半日で脱穀は終え、落ち穂拾いも夕方までにすませ、
夕暮れには収穫物が軽トラいっぱい。
b0310922_16592759.jpg


これをお世話になっている農家Tさん宅に持っていき、
機械に投入します。
b0310922_16594858.jpg

これは乾燥機で、食べるのに適正な水分量(14~15%)に乾燥してもらいます。
今年は稲を干してからの2週間天気がよかったので、
機械にかけた時点で水分量16%程度と、ちょうどよい感じでした。

受け取りは明日の午後ということで、今日はここまで。

夜はバーベキュー。子供たちは季節外れの花火で盛り上がりました。
b0310922_1701779.jpg

暑くも寒くもなく、心地よい秋の夜でした。


翌朝は5時起きで、稲刈りパート2本番。
この2週間天気が良かったせいで、田んぼもすっかり乾いており、
さらに、修理から戻ってきた稲刈り機も好調で、
田んぼ全面、機械で刈り取ることができました。
b0310922_1704090.jpg

こんな感じで綺麗に稲が刈り取られていきました。

田んぼに横たわっている稲の束、よーく見ると
奥の方2列は稲束が右から左に向かって倒れ、
それより手前のものは束が左から右に倒れているのが分かりますか?
2台の稲刈り機で左右対称に刈っていったので、
こんな感じで綺麗に稲束が横たわっております。

最後の1列だけ機械では刈り取らず、子供たちに託しました。
b0310922_171841.jpg

b0310922_1712596.jpg

b0310922_1714545.jpg

オダ作りも手慣れたもので、昼前に見事稲刈り完了。
皆さんお疲れ様でした。
b0310922_1715939.jpg


昼ごはんの後、コアメンバーで、脱穀が終わった稲、
干し終わったオダ棒などの片づけをしました。
この期に及んで暑いくらいの秋晴れ。
ちょいと疲れましたが、なんとか終了。
(後ろの方、すっかり片付いた田んぼ、分かりますかね?)
b0310922_1722567.jpg



まだ農家のTさんから新米の連絡が来ないため、
少しだけ畑の様子見に。
b0310922_172518.jpg

緑の列が並んでいる2列は大根です。とっても順調。
Yさんの好物春菊を左端の列に植えたのですが、
まだ1つも芽が出ておりませんでした・・・。
まあ、もうちょっと待ちましょう。

白菜もまだ、ちょろちょろ、でした。
b0310922_1731030.jpg


ピーマン、トマト、ブルーベリー、ゴーヤなどを収穫しました。
ブルーベリーはそろそろ終わりかな。
b0310922_1732589.jpg

b0310922_1735517.jpg

そして待ちに待った新米の知らせが。
農家Tさんの家に向かいます。
b0310922_1741114.jpg

子供たちが興味津々で覗いている機械から、
乾燥が終わった新米が出てきます。
じゃーん。
b0310922_1742237.jpg


30kgの袋を束ねて、
b0310922_1743758.jpg


完成!重いけど笑みがこぼれます。
b0310922_174481.jpg


今回、18袋(=約540kg)収穫できました。
同じ面積で600kg以上取れた年もありますが、
収量としてはまあ、例年並みというところでしょうか。
量が多いとその分、味は・・・というのが普通なので、
まあ、これくらいの量でいいのかも知れません。
農家のTさん曰く、
「今年のは、まだ緑の米(未熟米)が割と混じっていた。
例年より早めに刈ったからだろう。
ただ、このくらいで刈った方が、味はいいと思うよ。」
とのこと。

早速、精米して皆持ち帰りました。
新米の味は・・・、頑張った人だけの秘密ということで。

次回10/11-13、脱穀パート2と、大根の間引きなどです。
(天気が良いと10/12で終わるかも知れません。)
そのあとは、通常2週間後ですが、3週間後になるかも知れません。
その頃はサツマイモ掘りかもです。

新米、多少お売りもしてますので、興味があればご連絡ください。
(有機で天日干しの手間暇かかったお米なので、
それ相応のお値段設定です。ご理解ください。)

それでは。
by tomobedesmilez | 2014-09-30 17:11 | Comments(0)

いざ稲刈りパート1

9月13日(土)~15日(月)の3連休、1回目の稲刈りを行いました。

直前まで雨の日が多かったですが、土曜日は割とよい天気で、
実った稲が我々を迎えてくれました。
b0310922_1533644.jpg

b0310922_1534841.jpg


小さめの田んぼから、稲刈りスタート!
b0310922_1542934.jpg


初日は人数少なめで、肩慣らしな感じでやっていきましたが、
機械の動きがイマイチだったり、ぬかるんだ場所があったりで、
「んー、3日間で無事終わるか・・・」と少々不安を感じつつ、
とりあえず最低限の小さめ田んぼ2枚の大半を刈って干し終わりました。

まだまだ余裕の1日目終了。
右半分が終わった田んぼ、左半分がこれからの田んぼです。
b0310922_15134094.jpg


2日目、この日は朝から快晴に恵まれました。
b0310922_15143861.jpg


汗だくになりながら、一番大きな田んぼをガンガン機械で刈っていきます。

刈るだけなら簡単ですが、これを干す作業もあってなかなか手間なのが
天日干しの稲刈りです。
b0310922_1516462.jpg


こちら、亭主関白な夫が妻に暴行している訳ではもちろんなく、
稲を干すオダを立てるため、木槌でたたいております。
この立てた木を紐で縛り、そこに竹をかけて、
稲を干して、その上にビニールをかけて(雨よけ。中から雨が入ると腐る)、
ようやく完成します。
b0310922_1519149.jpg


手間と人手が必要な作業でして、有難いことに助っ人到着!
皆で手分けして頑張ります。
b0310922_15201360.jpg

b0310922_15203175.jpg
b0310922_15204416.jpg


なんとか、大きな田んぼも午前中で大半の目途が立ちました。
b0310922_15212222.jpg



午後には新たに2家族加わりました。子供4人が加わって大家族状態、
ということで、少しだけ畑仕事に向かいました。

大人たちは収穫作業です。(トマト、ゴーヤ(白)、ミョウガ、
b0310922_15234377.jpg
b0310922_15235795.jpg
b0310922_1524920.jpg


そして子供たちはこちら。
b0310922_15244126.jpg


手に持ってもらっているのは、秋野菜の種。
大根、白菜、春菊の種を植えてもらいました。
大根と白菜は、30センチ程度の間隔にあけた穴に3粒づつ、
手分けして種を入れます。(春菊は筋蒔き)
b0310922_15253489.jpg

b0310922_15261220.jpg


畑仕事は終了、田んぼに戻ります。

さて、いよいよここからが重労働です。
今年は8月後半から雨が多かったせいか、水が残っている田んぼが多く、
機械がなんども泥にハマって人力で引っ張り出す事態に。
(多分、過去最悪の状況)
さらに2台の稲刈り機のうち1台が
ミッション系(女子高とかじゃない方です)の不調で動かなくなり、
もう1台もバックギアがだんだん入らなくなってきて、
25m×8コースのプールくらいのサイズの面積が
「機械は無理で手刈りするしかない」状況に・・・。

仕方ないので、子供たちの力も借りて、手刈りをはじめました。
b0310922_15324781.jpg
b0310922_1533189.jpg


大人たちは、そろそろ腰痛やら肩コリやらで心が折れかけておりましたが、
ここで子供たちが頑張って、すごいスピードで稲を刈ってくれました。
(体重が軽いから、泥にハマりにくいという利点もあり。)
これで大人たちも再びやる気に火がつき、
半分くらいをこの日のうちに終了することができました。

若干疲れ気味で二日目終了。
(大活躍の子供らが帰る前に写真を撮ればよかった・・・)
b0310922_15344844.jpg


最終日、午前中でなんとか予定の全ての田んぼの稲刈り終了。
(終わらせることに手いっぱいで、写真はこれだけ)
b0310922_1537252.jpg


想定よりかなり手間取りましたが、とりあえずパート1は無事終了。
b0310922_15374314.jpg

メインの3人もほっとしました。
(もう一人のメインメンバーYさんは仕事のため月曜日は不在)
b0310922_15382737.jpg


地元農家のTさんによると、今年はどこの田んぼも水が抜けていないそうです。
確かに、しばらく雨だらけでしたからね・・・。
せっかく冬に暗渠を作ったのに、その恩恵が受けられず、大変残念でした。
一方で、たくさんの方々に来ていただけたお蔭で、
最悪の事態でも何とか3日間で終えられたとも言えます。
参加してくださった、皆様、ありがとうございました。
お米が無事精米されたら、ちょっとだけですが、お届けしますので、乞うご期待。

次回9月27日(土)28日(日)は、今回干した稲の脱穀と、
今年から新たに始めた田んぼの稲刈りです。2日間で
この2つを終えねばならず、なかなかハードです。
今からでも参加してくださる方大歓迎です!お待ちしております。
by tomobedesmilez | 2014-09-23 15:45 | Comments(0)

いざ稲刈りへ!

9月7日(日)、稲刈り前に軽めの作業をしました。

まずは、草刈りです。マムシもよく見かける時期ですので、
稲刈り前にしっかり草を刈って、見通しを良くします。
b0310922_22155919.jpg


カッパ着て作業しておりますが、
そう、この数週間、やたら雨が多いのです。
涼しいのは体的にはいいのですが、稲にとってはイマイチで、
稲穂を見ても、緑っぽい未熟なもの、そして
イモチ病と呼ばれる、湿気と日照不足で
枯れかけた稲穂もちらほらありました。
(左手前側がなんとなく緑っぽいのが分かるでしょうか。
このあたり、水はけが悪くて、成長がイマイチです。)
b0310922_2220312.jpg


この田んぼは、水を入れてないはずなのに、
排水溝から大量に水が流れ出ており、歩くとズブズブ。
数日雨が止んでから稲刈りしないと、悲惨な稲刈りになりそうです・・・。

お天道様が戻ることを祈りつつ、草刈りは終了。
終わり頃には晴れてきました。
b0310922_2222152.jpg



そして、畑も少しだけ作業。
草刈りをしたのち、来週秋野菜(大根、白菜)を植える準備として、
畝を立てておきました。
b0310922_22231994.jpg

b0310922_22233177.jpg


それから、サツマイモの蔓がだいぶ伸びていたので、
蔓返しもやっておきました。(いまいち、何のこっちゃ?な写真ですが。)
b0310922_22264821.jpg


そして収穫。
カボチャは、結局あまり大きくならないうち、茎が枯れて来ていたので、
収穫しました。今年唯一のカボチャです。
b0310922_22244415.jpg


ゴーヤは、白ゴーヤが初めて取れました(一番左)
b0310922_22251640.jpg


ブルーベリーやピーマンなども、順調でした。
b0310922_2226277.jpg

b0310922_22254751.jpg


順調とはいえ、8月に比べると生育はイマイチ。
旬が過ぎたのもありますが、やっぱり天気が悪かったのも
影響していると思います。

なんとか、今後は秋晴れが続いてもらいたいものです。

さあ、いよいよ9/13(土)~9/15(月祝)、今年最初の稲刈りです!
by tomobedesmilez | 2014-09-10 22:28 | Comments(0)