人気ブログランキング |

友部deスマイルZ

tomobedez.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

野菜大豊作&稲刈りカウントダウン

8月23日(土)24日(日)、作業を行いました。

畑は、草の海でございました・・・。
b0310922_22211084.jpg

真ん中がサツマイモなんですが、
周辺の雑草の方が高くなっちゃってますね・・・。
この時期は、本当にあっという間に伸びちゃうんですよ。

草刈りが追いつかなかったせいか分かりませんが、
出来かけだったスイカは腐ってしまっておりました・・・。
カボチャが小さめ1個だけなんとか生き残っておりました。
b0310922_22215096.jpg


せっせと草刈りをし、秋以降の野菜植え付け準備を行いました。
b0310922_22234595.jpg

こちら、白いのは有機石灰です。野菜を何度か作っているうち、
土の酸性度が上がってきてしまうため、
少しアルカリ性の方に戻す目的で石灰を混ぜます。
(暖炉や木炭の灰でもいいのですが、
今年はあんまりバーベキューをやっておらず、
十分な灰がないため、やむを得ず購入しました。)
栄養であるぼかし肥えも一緒にまいて、
耕運機でかき回しました。
b0310922_22231689.jpg

9月中旬に、ダイコン、レタスの種を撒く予定です。


草刈りの後は、大収穫大会です。
やっぱり太陽は偉大ですね。まあ収穫量のスゴイこと。

以下、ゴーヤ、ブルーベリー、トマト、ピーマンです。
b0310922_22244783.jpg

b0310922_22244117.jpg

b0310922_22245427.jpg

b0310922_22261672.jpg

収穫結果がこちら。
ブルーベリー、どーん。
b0310922_22261096.jpg

トマト、どーん。
b0310922_22265932.jpg

ピーマン、どーん。
b0310922_2226463.jpg

ミョウガ、どーん。
b0310922_22271659.jpg

これに近所の農家からいただいた野菜も加わって、
帰りの荷物はパンパンでした・・・。有難いことです。


畑作業が終わった後は、稲刈りの準備です。
稲を刈った後2週間程度干しておくために、竹竿が必要なのですが、
経年劣化で本数が減ってきたため、新たに竹を切りだしました。
b0310922_22273715.jpg

細かい枝もナタで切り落とします。(手前が切り落とした跡)
b0310922_22283556.jpg


切り取った竹を軽トラで5分程度のところにある田んぼまで運ぶのですが、
切ったばかりの竹は水を含んで重くて、結構大変です・・・。
b0310922_22274898.jpg

荷台で竹を抱えて、ゆっくりと運んでいたのですが、
地元の方から笑われてしまいました。
「あなたたち、竹の太いほうを前にして、
自分たちは細い方を持った方が楽だよ。知らないの?」
・・・そうなんです、
わざわざ重い方を抱える必要もなかったのですが、
なんとなく「竹の上の方を前方に、下の方を後方に持つもの」
という先入観で運んでおりました・・・。
経験の知恵が偉いというか、我々がアホというか・・・。
逆にした方が楽でした。
b0310922_22281935.jpg


土曜日の作業はこれで終了。
天気が危ぶまれましたが、幸い雨はほとんど降りませんでした。
しかし、蒸し暑かったので、汗だくだく、氷の入った麦茶がぶ飲みでした。

夜は、収穫したゴーヤーのチャンプルーと、
同じく収穫したトマトやじゃがいも、ピーマンなどが
たっぷり入ったカレーでした。
b0310922_22293074.jpg

これらをガガガっと胃におさめ、
乾いたノドにビールを流し込んだ我々は、疲労と酔いで
早い人で19時過ぎ、遅くとも21時には寝てしまいました・・・。
幼稚園児か!


翌朝は5時前に起きて、田んぼに向かいました。
稲穂は頭をたれ始めておりました。
b0310922_22291167.jpg

この段階になると、もう水はいらなくなるため、
水切り(たまっていた水を落とし、土壌を乾燥させる)
を行いました。

まずは、水を引いていた川からのパイプを抜き取ります。
b0310922_22292953.jpg

整備された田んぼなら、これで終わりなのですが、
我々の田んぼは、川からの水だけでなく、
山側から染み出る水もあって、これをうまく側溝から川に流さないと
いつまでたっても田んぼが乾かないため、
側溝の水が川に落ちるよう、ルート変更のための土木作業を行いました。
b0310922_22294779.jpg

また、冬にブルドーザーで穴を開けて
暗渠のパイプを入れた田んぼについては、
そのパイプの蓋を外して、田んぼの底にたまった水の
排水も行いました。
(冬の作業の様子はこちらをご覧ください。)
b0310922_2230244.jpg


今年はうまく排水して、乾いた田んぼで稲刈りできるといいのですが・・・。


あと、田んぼの脇の大豆(枝豆用)の草刈りも行いました。
先に植えた黒豆、後から植えた大豆ともに
ある程度は順調に育っております。
b0310922_2230226.jpg

b0310922_22305011.jpg


これで今回の作業は終了、いよいよ稲刈りです。
b0310922_2232643.jpg


(9月7日(日)に、事前準備を行ったうえで、)
9月13日(土)~15日(月)に、1回目の稲刈りを行います。

2週間後の9月27日(土)28日(日)が、
1回目の稲刈り分の脱穀、
そして2回目の稲刈りです。

10月11日(土)~13日(月)に、
2回目の稲刈り分の脱穀を行います。

この3回は、人手があればあるだけ有難いです。
初心者でもできる作業はありますし、
何より収穫を体感できるのは、楽しいです。
作業後は、新米を一緒に食べましょう!
是非お越しください。
by tomobedesmilez | 2014-08-28 22:36 | Comments(0)

8月9日10日の作業

8月9日(土)10日(日)作業を行いました。

10日(日)が、西日本への台風接近で雨予定だったので、9日(土)のうちに
田んぼの草刈り、畑の草刈りと収穫などを行いました。
出産予定のご家族等、沢山のメンバーが集まりました。

ブログの筆者Nが、10日のみ参加予定だったものの、
上記のとおり10日が雨の予報で何もできそうになかったので参加を取りやめたため、
今回はとりあえず以上です。
(写真とかあることが判明したら後日更新するかもです。)

次回は8月23日(土)24日(日)、
いよいよ田んぼの水切り=稲刈り準備です。
畑の収穫も引き続き行います。

予定通りなら、9月はいよいよ収穫で人手が必要です。
9月13日(土)~15日(日)が1回目の稲刈り、
9月27日(土)28日(日)が2回目の稲刈り&1回目の脱穀(多忙!協力者特に求む!)、
10月11日(土)12日(日)が2回目の脱穀です。

参加希望の方お待ちしております。一緒に新米を味わいましょう。
by tomobedesmilez | 2014-08-14 17:01 | Comments(0)