人気ブログランキング |

友部deスマイルZ

tomobedez.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

GW作業(田植え編)

さて、メインイベントの田植えです。

大半の田んぼは、機械で植えました。
といっても、自ら田んぼに入って、田植え機とともに泥にまみれる
2畳植えの機械ですので、結構大変です。
b0310922_21185124.jpg

(大きな田んぼだと、あたかも車を運転するように
田んぼに足を付けずに田植えできる機械でやってますが、
我々の小さい田んぼには不向きなので、2畳植えで頑張ってます。)
b0310922_2193519.jpg

昔はこんなに綺麗に植えられなかったですが、
最初の1列、ビニールひもを張ってそれに沿って植えるようにしてから、
だいぶうまくいくようになりました。

機械で全部終わるわけではなく、機械が入れない隅の方など、
人力で補植していきます。腰や、足の裏側の筋肉がつりそうになります・・・。
b0310922_21153577.jpg


ヘトヘトの大人たちに、S君から、かっぱえびせんのプレゼント。

はいどうぞ。
b0310922_21261278.jpg


もひとつパクッ。
b0310922_21262372.jpg


おまけにパクッ。
b0310922_21263421.jpg





たくさんの方に参加いただけたので、1枚の田んぼは、手でみんなで植えてみました。
b0310922_21182083.jpg


等間隔で黄色いテープの目印がついたビニールひもを張って、
その位置に合わせて植え付け、20cmくらいずらしてまた植えて、をひたすら繰り返す
忍耐の作業です。

力を合わせて、1時間半ほどで1枚完成させました。
b0310922_2123559.jpg

b0310922_21291299.jpg


もっとも、小さい子供たちは、田んぼの泥遊びが楽しいようで・・・。
b0310922_2122431.jpg

後で聞いたら、「ワニさんになっていた」そうな。
そりゃあ、泥だらけになるわけで・・・。地元の方々も「元気な子供だねー」と笑っていました。

植え終わった後、仕上げはこちら。
b0310922_21305229.jpg


これは、糠と水をまぜて、団子状にしたものです。

この地域では、豊作を祈って、
田植えの後に子供たちが糠団子を田んぼに投げる伝統行事があります。
我々もそれを真似してやってみました。

えいっ。
b0310922_21322070.jpg

そりゃっ。
b0310922_21324094.jpg

ほりゃーーーー。
b0310922_21333923.jpg


元気に投げてくれました。
美しい伝統行事の復活・・・






・・・というのは嘘でして、
本当は下のように田んぼのあちこちに団子を入れておくと、
それが溶けて広がり、それが雑草の繁殖を抑える、というのが本当です。
b0310922_2136851.jpg


投げたりしたら、せっかく植えた稲を倒しかねないので、本当は正しくないですが、
子供たちのパワーが有り余っていたので、余興でやってみました。
意外と大人も楽しかったです。


これから約5か月、無事育つとよいですが。
b0310922_21383469.jpg




(おまけ)
休耕田の1つに、試しにレンコンを植えてみました。
b0310922_21391285.jpg


真ん中あたり、左に向かってツノみたいになっているのが種レンコンです。
このツノの部分だけ地上に出す感じで、田んぼに植え付けました。

ご覧のように、綺麗に植え付けが完了しました。
b0310922_21413539.jpg


どこに植わっているか分かった方、ご一報ください。
私にも分かりません。
(この後、ここにも水を張ります。)
by tomobedesmilez | 2014-05-12 21:47 | Comments(0)

GW作業(食事編)

田んぼ編の前に、お食事風景をちょっとだけ。
作業の後、いろんな家庭の味を味わえるのも楽しみの1つです。

こちらは、羽パリパリのギョーザ。
作業で空腹の腹に、あっという間に収まります。
b0310922_2058170.jpg


取れたてのタケノコ、これまた美味しゅうございました。
b0310922_20593651.jpg


沢山の人が集まる田植えの日は、
毎年大家さんが赤飯を用意してくださいます。
唐揚げ、カプレーゼ(トマト・モッツァレラ・バジルのサラダ)などと一緒に美味しく頂きました。
b0310922_2103147.jpg


これがあるから作業が頑張れます。乾杯!
b0310922_2121499.jpg

by tomobedesmilez | 2014-05-12 21:04 | Comments(0)

GW作業(畑編~夏野菜植え付け~)

5月4日(日)5日(土)を中心に、作業を行いました。

まずは畑編の報告です。

良く晴れた5月4日(日)午前、夏野菜の植え付けを中心に畑作業を行いました。

まずは夏野菜の定番、ゴーヤ。苗を植え、周囲にネットをはりめぐらせました。
b0310922_2153528.jpg


先日植えたネギは、順調に根を張って自立できる状態になっていたので、
藁をはずしました。白いところが生長点なので、なるべくそこが見えるように整理しました。
b0310922_21542922.jpg


定番のトマトも、ミニトマトを中心に植えます。
水をたっぷり根に吸わせてから植えること、ということなので、
朝から苗をどっぷり水につけておきました。
b0310922_21554889.jpg


そして植え付け。添え木に誘引します。
b0310922_21563580.jpg

今は小さな添え木ですが、生長に合わせて、大きな支柱を立てて
実が沢山成っても支えられるようにする予定です。

そして、ちょっと早いですが、トマトは雨に弱い(実が水に触れると破裂する)ので、
天井にビニールをかけました。
b0310922_21591620.jpg


続いてピーマン。地中温度を上げた方が生長に良いようなので、
マルチを張りました。
b0310922_221432.jpg

こちらも、生長につれて大きな支柱を立てる予定です。

続いて・・・
b0310922_2224532.jpg

地元農家の方々、ではなく、日焼け防止ルックに身を包んだ奥様方が植えているのは、
サツマイモの苗です。

ちょっと斜め気味に植えます。(土に接しているところから根を張っていくので、
接地面が増えるように、ということのようです。接地面をどの程度取るかによって、
いろんな植え方があるようです。)
b0310922_2242993.jpg


小学生のS君は水やり当番。
b0310922_22556100.jpg



それから、3月に植えたジャガイモがすっかり大きくなりました。
b0310922_22141891.jpg


地元農家のお嬢様、じゃなかったS夫人が何をしているかというと、
いわゆる「芽かき」。ジャガイモの種イモから何本も芽が出ている状態なのですが、
そのままだと栄養を取り合って小さいイモがいっぱいできがちなので、
1本だけ残して後は切り取り、大きめのイモが育つような環境にしております。

作業後はスッキリ。
b0310922_22172574.jpg


今度は3人が這いつくばっております。
b0310922_2264826.jpg


これ、生姜を植えるための穴を掘っている図です。
生姜は地中割と深く(5cmくらい内側)に植えるため、
かなり深く穴を掘りました。(そこに肥料を入れ、それに軽く土をかけ、
そして種生姜を置きます。)
b0310922_2284882.jpg


生姜は半日陰くらいでいいらしいので、ルバーブの葉の後ろを狙ってみました。
さらに、湿気を好むということで、籾殻をまきました。
(こうしたテクニックは全て、昨年まで畑を取り仕切っていたMさん直伝です。)
b0310922_2295131.jpg


最後はこちら。
b0310922_22103439.jpg


ビニール袋立てて何やってんの?という感じですが、
実はこの中に、カボチャやスイカの苗が入っています。
b0310922_22112334.jpg


カボチャ・スイカともにウリ科の植物なのですが、
そのウリ科の植物には「ウリハムシ」が寄ってきます。
苗が小さい時にウリハムシに葉を食べられると、
生長できずにそのまま枯れてしまう危険性があります。
(ある程度大きくなれば、多少食べられても大丈夫なのですが。)

このウリハムシ、あまり高く飛べないという性質があります。
そこで、ウリハムシが苗に近づけないよう、一定期間、
こうしてビニールの行灯をかけてカバーしている、という訳です。

ということで、いろんな夏野菜を植えてみました。
このうちどれだけ、ちゃんと実がついて食べられるでしょう・・・?

気持ち良い天気の中での作業でしたー。
b0310922_22182881.jpg


(本当は、ちょっと暑くて、くたびれました・・・)
b0310922_2219259.jpg


次は田んぼ編をアップします。

(5/12追記。1週間後に畑をチェックしたところ、さつまいもがやや萎びていました。
地元農家のTさんに確認したところ、まだ朝晩の温度が低いので、
それにやられたのではないかとのこと。6月植え付けくらいで良かったそうです・・・。
来年は気を付けます。)
by tomobedesmilez | 2014-05-07 22:23 | Comments(0)