人気ブログランキング |

友部deスマイルZ

tomobedez.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2014年2月15日16日の作業(雪で中止)

本来なら、2月15日(土)16日(日)で、田んぼ水はけ改良工事の続き、燻炭とぼかし肥え作りなど行う予定でしたが、大雪により電車も車もストップ、友部に集まる術がなかったことから、やむなく中止にしました。

次回は少し空いて3月8日(土)9日(日)の予定です。
春を感じつつ、遅れを取り戻せることを願うばかりです。

今後の日程は過去の投稿をご覧ください。
by tomobedesmilez | 2014-02-23 09:40 | Comments(0)

味噌作り2014

ちょっとさかのぼりますが、2/2(日)に行われた味噌作りの様子です。

まずは前日から水につけておいた大豆を、指先でつぶせる硬さまでゆでます。
b0310922_9272352.jpg

b0310922_927491.jpg


ゆでた大豆を、もちつき機を使ってつぶしていきます。
b0310922_9284062.jpg


小学生のT君もお手伝い。
b0310922_929430.jpg


一方で、糀(我々の作ったお米を、地元農家の方に糀にしていただいたもの)と、塩とを摺り合わせます。
b0310922_9301114.jpg


その中にすりつぶした大豆を投入。
b0310922_9304576.jpg


まんべんなく混ぜ合わせます。(阿修羅みたい)
b0310922_93185.jpg


きれいに混ぜ合わさったら、空気をできるだけ抜きつつ、平らに整えて完成。
b0310922_9313421.jpg


この上にカビ防止の塩をまんべんなく振りかけて、封をして重石を載せて
蔵に持っていき、あとは1年間、熟成をひたすら待ちます。

完成予想図はこんな感じ(去年仕込んだものの1年後です。)
b0310922_9342669.jpg


無事に出来上がることをそっと待ちましょう。
by tomobedesmilez | 2014-02-23 09:24 | Comments(0)

「友部deスマイルZ」今後のよてい(2月~5月上旬)

今後の予定は以下のとおりです。(天候や参加者の都合により変動する可能性もあります。)

参加をご検討の方は、メンバーのだれか、ないしは
tomobedesmilez(アットマーク)excite.co.jp
までご一報ください。

2月15,16日(土日)
・田んぼへのパイプ埋設作業(パイプ周辺に入れる篠竹取り含む)
・畑用のぼかし肥え作り(まず、昨年取れたお米の籾殻から燻炭を作り、その燻炭も使って肥料を作ります。)

3月8,9日(土日)
・田んぼへの肥料蒔き&荒起こし
・ぼかし肥えかきまぜ

3月21,22,23(金土日)のどこか
・じゃがいも植え付け

4月5,6日(土日)
・田んぼ荒起こし

4月19,20日(土日)
・田んぼ水入れ

ゴールデンウイーク中
・田んぼ水入れ確認(穴が開いたところを補修)
・田んぼ代かき
・畑に夏野菜植え付け

5月10,11日(土日)
田植え

ご参加お待ちしています。
by tomobedesmilez | 2014-02-02 19:31 | Comments(2)

田んぼ真っ二つ!

2014年2回目の作業を2月1日(土)、2日(日)に行いました。

2月1日(土)のメイン作業は、田んぼの水はけ対策です。

田んぼは、水を溜める必要があるときと、乾かす必要があるとき両方があり、
つまり、水のコントロールができるということが大変重要です。

しかしながら、いくつかの田んぼで「乾いて欲しい時に乾かない
=ズブズブの田んぼのまま稲刈り=超重労働」という事態になっております。

この局面を打開すべく、牛飼いにしてメカにも精通したNさんに
小型ユンボを出動頂きました。2年ぶり2回目の出動依頼です。

b0310922_19125787.jpg
こちらの素人考えでは「ズブズブになるところは、米作りを諦めて
深く掘り起こしてため池状にすれば、そこだけに水が集まるのでは」
という作戦でしたが、Nさんに相談したところ、
「きちんと水の通り道を暗渠(地下に排水パイプを埋めて、
土をかぶせる)にした方がいい」
とのことで、水の通り道にあたる田んぼのど真ん中を
ユンボで真っ二つ!にしていただきました。

b0310922_1917065.jpg

すると、なんということでしょう!(BふぉーAふたー風)
掘った溝に水がどんどん溜まっていくではありませんか。
b0310922_19195125.jpg
(右上の写真を見ていただくと分かるように、掘ったばかりの時には
水はほとんどないのに、時間が経つにつれ水がしみ出して、
気が付くと左の写真のように水たまりになりました。)

ここに川まで届くパイプ(水道管のような密閉されたものではなく、
小さな穴が無数に空いていて、パイプ周辺の水も
その穴から中に入ってくるようなパイプ)を入れて、
川のところを蓋付きにしておけば、溜めたいときは蓋を閉め、
抜きたいときは蓋を開けると
水のコントロールは思いのまま、になるはずです。

とりあえず別のところから抜いたパイプ(機能していなかったので、
この機会に掘り起こしました)を入れましたが届かなかったため、
次回パイプを買って埋設する作業を行う予定です。
by tomobedesmilez | 2014-02-02 19:24 | Comments(0)