友部deスマイルZ

tomobedez.exblog.jp
ブログトップ

いざ稲刈りパート1

9月13日(土)~15日(月)の3連休、1回目の稲刈りを行いました。

直前まで雨の日が多かったですが、土曜日は割とよい天気で、
実った稲が我々を迎えてくれました。
b0310922_1533644.jpg

b0310922_1534841.jpg


小さめの田んぼから、稲刈りスタート!
b0310922_1542934.jpg


初日は人数少なめで、肩慣らしな感じでやっていきましたが、
機械の動きがイマイチだったり、ぬかるんだ場所があったりで、
「んー、3日間で無事終わるか・・・」と少々不安を感じつつ、
とりあえず最低限の小さめ田んぼ2枚の大半を刈って干し終わりました。

まだまだ余裕の1日目終了。
右半分が終わった田んぼ、左半分がこれからの田んぼです。
b0310922_15134094.jpg


2日目、この日は朝から快晴に恵まれました。
b0310922_15143861.jpg


汗だくになりながら、一番大きな田んぼをガンガン機械で刈っていきます。

刈るだけなら簡単ですが、これを干す作業もあってなかなか手間なのが
天日干しの稲刈りです。
b0310922_1516462.jpg


こちら、亭主関白な夫が妻に暴行している訳ではもちろんなく、
稲を干すオダを立てるため、木槌でたたいております。
この立てた木を紐で縛り、そこに竹をかけて、
稲を干して、その上にビニールをかけて(雨よけ。中から雨が入ると腐る)、
ようやく完成します。
b0310922_1519149.jpg


手間と人手が必要な作業でして、有難いことに助っ人到着!
皆で手分けして頑張ります。
b0310922_15201360.jpg

b0310922_15203175.jpg
b0310922_15204416.jpg


なんとか、大きな田んぼも午前中で大半の目途が立ちました。
b0310922_15212222.jpg



午後には新たに2家族加わりました。子供4人が加わって大家族状態、
ということで、少しだけ畑仕事に向かいました。

大人たちは収穫作業です。(トマト、ゴーヤ(白)、ミョウガ、
b0310922_15234377.jpg
b0310922_15235795.jpg
b0310922_1524920.jpg


そして子供たちはこちら。
b0310922_15244126.jpg


手に持ってもらっているのは、秋野菜の種。
大根、白菜、春菊の種を植えてもらいました。
大根と白菜は、30センチ程度の間隔にあけた穴に3粒づつ、
手分けして種を入れます。(春菊は筋蒔き)
b0310922_15253489.jpg

b0310922_15261220.jpg


畑仕事は終了、田んぼに戻ります。

さて、いよいよここからが重労働です。
今年は8月後半から雨が多かったせいか、水が残っている田んぼが多く、
機械がなんども泥にハマって人力で引っ張り出す事態に。
(多分、過去最悪の状況)
さらに2台の稲刈り機のうち1台が
ミッション系(女子高とかじゃない方です)の不調で動かなくなり、
もう1台もバックギアがだんだん入らなくなってきて、
25m×8コースのプールくらいのサイズの面積が
「機械は無理で手刈りするしかない」状況に・・・。

仕方ないので、子供たちの力も借りて、手刈りをはじめました。
b0310922_15324781.jpg
b0310922_1533189.jpg


大人たちは、そろそろ腰痛やら肩コリやらで心が折れかけておりましたが、
ここで子供たちが頑張って、すごいスピードで稲を刈ってくれました。
(体重が軽いから、泥にハマりにくいという利点もあり。)
これで大人たちも再びやる気に火がつき、
半分くらいをこの日のうちに終了することができました。

若干疲れ気味で二日目終了。
(大活躍の子供らが帰る前に写真を撮ればよかった・・・)
b0310922_15344844.jpg


最終日、午前中でなんとか予定の全ての田んぼの稲刈り終了。
(終わらせることに手いっぱいで、写真はこれだけ)
b0310922_1537252.jpg


想定よりかなり手間取りましたが、とりあえずパート1は無事終了。
b0310922_15374314.jpg

メインの3人もほっとしました。
(もう一人のメインメンバーYさんは仕事のため月曜日は不在)
b0310922_15382737.jpg


地元農家のTさんによると、今年はどこの田んぼも水が抜けていないそうです。
確かに、しばらく雨だらけでしたからね・・・。
せっかく冬に暗渠を作ったのに、その恩恵が受けられず、大変残念でした。
一方で、たくさんの方々に来ていただけたお蔭で、
最悪の事態でも何とか3日間で終えられたとも言えます。
参加してくださった、皆様、ありがとうございました。
お米が無事精米されたら、ちょっとだけですが、お届けしますので、乞うご期待。

次回9月27日(土)28日(日)は、今回干した稲の脱穀と、
今年から新たに始めた田んぼの稲刈りです。2日間で
この2つを終えねばならず、なかなかハードです。
今からでも参加してくださる方大歓迎です!お待ちしております。
by tomobedesmilez | 2014-09-23 15:45 | Comments(0)