友部deスマイルZ

tomobedez.exblog.jp
ブログトップ

想定外いろいろ その2

7月5日(土)6日の作業その2@田んぼです。

田んぼの想定外その1は、「田んぼ干上がり」事件です。

仲間のうちYさんは、割と友部の近所にいらっしゃるので、
定期的に田んぼを見てくれているのですが、
1週間前、「田んぼが干上がってる!」との連絡が。

・・・梅雨のど真ん中に、です・・・・。

雨は沢山降って、水は沢山あるのに何故?というところですが、
水が有り過ぎても、田んぼは干上がることがあるのです。

何故か?

我々の田んぼの水は、そばを流れる川からパイプでひきこんでいます。
b0310922_21411977.jpg



どうやら、このパイプが、大量の水で押し流されてしまったようなのです・・・。

Yさんが、あわてて新品を買ってくださって、一応事なきを得ました。
b0310922_2140532.jpg


雨が降っても降らなくても、いろんなことが起きます。


想定外その2は、「田んぼ干上がってもよかった」という話です。
(じゃあ、その1で慌てなくても良かったんじゃん、という感じですが・・・)

我々素人は、「稲が育っている間は、田んぼは水で満たされているべきもの」
と思いがちです。なので、何も疑わずひたすら水を張ることを心がけていましたが、
今年から田んぼを借りたYさん曰く、
「水を抜くことで、稲がしっかり根を張るし、
雑草(水の中で元気に育つ雑草)の生育も遅らせられる。だから時々水を抜かないとダメだ。
特に草取りをするときは、水が深いとどこに草があるか分かりにくいので、
水を抜いてからやった方がいい」とのこと。

確かに、水を抜いたほうが、草取りはやりやすかったです・・・。
b0310922_21471989.jpg


稲の育て方は、農家さん一人ひとり独自のこだわりがあり、
どれが正解なのかは、正直分かりません。
(別の方からは、そんなに水を抜く必要はないと言われておりました。)
でも経験には耳を傾けて、常に勉強しないといけないですね。

想定外はいろいろありましたが、一応稲は元気に育っております。
b0310922_2142562.jpg


黒豆も順調に育っています。
b0310922_21431235.jpg


そして、レンコン。葉っぱが地上で大きく開きました。
b0310922_21432411.jpg


次回こそ蓮の花が見られるのか・・・?
b0310922_21433883.jpg


今度は、3週間後の7月26日(土)27日(日)に作業をします。
夜はお世話になっている方々にも声をかけて、
生ビール大会の予定です。
今年はまだ、バーベキューすらできていません(土曜夜の天気がいつも悪い)が、
当日はバーベキュー・生ビール日和になることを願っております。
皆でいい汗かいて、うまいビール飲みたいと思います。
by tomobedesmilez | 2014-07-16 21:48 | Comments(0)